会社概要

会社概要 | 事業所・関連企業 | アンデスハムの歩み
昭和14年
相模屋を設立
昭和23年
台東区雷門に「株式会社相模屋商会」を設立(資本金100万円)
昭和27年
ハム・ソーセージの需要増にともなって浅草駒形工場を新設
昭和32年
製造部門を分離独立させアンデスハム株式会社を設立
昭和39年
資本金6,000万円に増資 、駒形ビル完成、本社を移転する
昭和41年
相模屋商会をアンデス畜産株式会社に改称
昭和45年
アンデスハム株式会社は雪印食品工業株式会社と対等合併し、
雪印アンデス食品株式会社と改称
昭和46年
全農東京生鮮食品集配センター内に配送センターを設置
昭和49年
全農傘下の加工食品会社、株式会社コープミートに資本投入 並び経営に参加する
昭和52年
アンデス畜産株式会社を株式会社アンデスに改称
昭和53年
卸売市場部門7部門を分離独立させ、資本金6,000万円をもって
アンデス食品株式会社を設立
昭和54年
株式会社コープミートの全農出資分を継承し系列会社とする
昭和60年
アンデス春日部工場を設置、ハム・ソーセージ・焼肉製造新設
平成元年
春日部惣菜工場新設
平成 4年
新事業としてコロッケ専門店「山野井」1号店開店
平成 6年
新事業として「手造りハム&サラダ」の店1号開店
平成 7年
新規事業としてゆうパック等通信販売開始
平成 8年
アンデスハム株式会社設立